HDRとは何?

HDR というのが携帯カメラとテレビモニターによく見えて皆さんにとって珍しい言葉ではないと思いますが、HDR は一体何を意味するのでしょう。 HDR 的中文翻譯為「高動態範圍」(High-Dynamic Range)。而與 HDR 相對存在的詞則是 SDR「標準動態範圍」(Standard-Dynamic Range),也是目前影視內容製作的主流標準。 HDRとはハイダイナミックレンジ(High-Dynamic Range)の略称で、それと相対するのが SRD(Standard-Dynamic Range)、今映像内容制作において、主流の標準にされています。 ダイナミックレンジは映像の輝度・色彩・コントラストを指します。簡単に言えば、目の見た景色を再現する能力。器材自身の限界、また環境からの制限によって、映像を成した多く要素、特に輝度が制作過程に圧縮されあるい捨てられてしまいました。   人の目が感知できる輝度のレンジは 0.001~20,000 nits、伝統ブラウン管時代に、テレビの標準輝度は100nits だけで、目の感知できるレンジにおいてほんの僅かの幅しか占めていないです。テレビ技術が一定な水準になった後、専門家の中にこの問題を改善しようとする声が現れ、映像輝度を従来の SDR テレビの十倍、つまり1000 nits まで高められる HDR の誕生を促しました。目の感知できる最大限の20,000 nitsとはまだ大きな差がありますが、画面が前より目の見たものに接近しましたよ。 輝度以外、HDR は色深度にも規範する。まず、SDR の表せる色と HDR の表せる色を二箱の色鉛筆に想像してみてください。SDR の箱には 1667 万種類の色があり、HDR の方には 10.7 億種類の色もあります。言うまでもなく、同じ画面の場合なら、HDR の細かい処の表現力および映像の再現度は SDR より遥かに上で、明るい処がただ一面の白でなく、暗い処もただ一面の黒ではなく、色の変化をもっと精細に表現できます。 しかし皆さんが色深度の規範を見るとき、多分 8 bits や 10 bits などが書かれている。じゃ先筆者が言った 1667 万と10.7 億はどこからのですか。これについてご説明させて頂きます。まず、光の三原色が赤青緑で、あらゆる色が赤青緑からできています。 SDR の 8 bits は赤青緑三色それぞれ 0~255 、256 (28) 種類の数値を意味することで、つまり、256x256x256= 約 1667 万種類の色の組み合わせができます。HDR の10 bitsの場合は、210x 210x 210 = 10.7 億種類ができますよ。ここもしわからなくても大丈夫、HDR が表現できる色彩は SDR より豊富と、このことだけ覚えていただければいいです。 ここまで話して、HDR 映像の素晴らしさをすぐ堪能しては如何でしょうか?しかし、HDR に対応する USB C TO HDMI アダプタがなければ、たとえ HDR イメージと HDR ディスプレーであるとしても、映された映像もまだ SDR のですよ!ですので、 HDR ディスプレーを擁する同時に、Pengo の USB C to HDMI アダプタもどうかお忘れないように。Pengo はいつも豊富多彩なビジョンをご提供しております!(まだ HDR ディスプレーを入手していない方にも、Pengo の USB C to HDMI アダプタの購入はおすすめですよ。いつか HDR ディスプレーをご入手になったら、新しいアダプタを購入することもなく、すぐ多彩なビジョンを堪能できます!)   *2018/11/13

包装のボルト(V)・アンペア(A)・ワット(W)は何?

ボルト(V)、アンペア(A)、ワット(W)は皆さんにとって馴染みの記号と思います。一般のコンセント(100V)、海外で使うアダプタ(220V→100V)、またはモバイルバッテリー(1A)、携帯の電池標示(例:iphone5 3.8V 5.45Wh)、この三つの記号は日常の生活にしばしば現れますが、それは一体どういう意味ですか?これからこれについてご紹介いたします。 ボルト(V)                                                                                     ボルトは電圧の単位です。電を水に想像すれば、電圧は水圧に相当し、簡単に言えば、電圧は所謂電子の動力です。ここで、ボルトは日常生活のどこに見られるのか以外に、ボルトに関わる注意事項もご提示したいと思います。給電側と充電側の電圧が合わないと、電器が焼損、壊れるかもしれませんよ。 注意事項一:海外にいる時 日本国内のコンセント電圧は 100V なので、電器のプラグも 100V の電圧に対応するように設計されました。しかし、中国・ヨーロッパ等のコンセント電圧は 220V ですよ!うっかりプラグを挿し込むと、電器がすぐ焼損してしまいますよ。ですので出国の前に、当地のコンセント電圧を調べといて、日本と違うのなら必ずアダプタを持って行ってください。 注意事項二:バッテリーの選択 現在 USB の標準電圧は 5V±0.25V ですが、市場に流通している一部のモバイルバッテリは出力電圧が 5.25Vより高い、あるいは 4.75V より低い、よく焼損や内部回路の損壊を起こします。ですので、モバイルバッテリを選ぶ際に必ず気をつけて、値段が安いのは必ずしも一番いい選択ではありません。 アンペア(A) アンペアは電流の単位。電を水の想像すれば、電流は水量に相当します。 電流は日常において、主に充電のスピードに関わっています──この言い方は完全正確とは言えません。実際に充電スピードを直接に影響しているのはワットです。ワット(W)=ボルト(V)x アンペア(A)。電圧が同じの場合で、電流が大きければ大きいほど入力のワット数が大きく、充電スピードも速いです。 今の携帯は電流管理チップを搭載しており、入力の電流が大きすぎる場合なら、自動的に携帯の負荷できる電流に調節できます。その一方、充電スピードが携帯自体に限られ、無限に伸びることはありません。 ここで注意すべきのは、受電装置の需要電流(例:3A)とアダプタの提供電流(例:3A)がケーブルの負荷できる最大電流(例:1A)を超える時、ケーブルの損壊になりやすいでことです。ケーブルの負荷できる電流が3A・5Aまで達していれば、充電できる装置の種類もより幅広い。2012 年に、USB-IF (USB Implementers Forum) が USB-PD を提出しました。USB-PD の概念は各種類の装置の給電問題を一本のケーブルで解決することで、ケーブルが対応する電流を負荷できるかどうかも極めて重要な一環でありますよ。(詳しくは USB-PD:網址)   ワット(W) ワットは効率の単位。ワット(W)=ボルト(V)x アンペア(A)この前に少し触れました。エネルギーを消費し、作動する電器は皆ワットにかかわっています。 ミニアンペア (mAh) とワットアワー (Wh) ミニアンペアーアワー(mAh)は実科学上の正式単位てはなく、消費者にわかりやすいために導かれた単位ですよ!mAh = mA x hour。例えば、とある携帯のバッテリー容量は 1500 mAh、出力 1000mA ( 1A )のアダプタであれば、充電完了まで一時半かかります。バッテリー容量は 10000 mAh、絶えずに 1A の電流を輸出すれば、充電時間を 10 時間までも達します。 そしてワットアワー(Wh)はあまり広く知られていないですが、飛行機に乗る時の荷物ルールに、100Wh 電池の持ち込み禁止という一条がありますよ!今皆の手元にある電池やモバイルバッテリーには恐らくボルト(V)とミニアンペアアワー(mAh)しか書かれていないため、こちらに換算の公式をご添付いたします。 ワットアワー(Wh) = ミニアンペアアワー (mAh) ×ボルト(V) /1000 例えば下図のバッテリー、5 (V) x 13000 (mAh) / 1000 = 65 (Wh), 飛行機に持ち込むことができますよ! 本稿を通して、これらの単位について少しお分かりになりましたか。これから、モバイルバッテリーやケーブルを購入する際に、どうか規格表示を気をつけてくださいね!。最後、科学技術についてもっと詳しくしたい方に、お得なイベント随時開催中なので、Pengo 台湾Facebookページのフォローをお願い致します。 *2019/01/14

DACは何?私はDACが要る?

DAC(Digital to Analog Converter)は「デジタル-アナログ変換回路」に訳されます。簡単に言えば、音質を高め、より良好なアナログ信号を提供するデコーダです。 ちょっと待って、「デジタル」・「アナログ」とは何ですか?また読者の皆さんとどんな関係がありますか?これから、筆者はゆっくりと説明していきたいと思います。 まず、「アナログ」と「デジタル」について皆さんにご説明しましょう。簡単に、「アナログ」は「連続」の意味です。例えば、音が高まっていったり低まっていったりすること、明暗のグラデーションなど感覚上の体験は「アナログ信号」の形で我々の日常生活に存在している。それに対し、「デジタル」は「非連続」と表します。例えば、パソコンや携帯システムの資料は0あるいは1という二進法の形で構成されています。 気づきましたか?パソコンや携帯にあるのが非連続的なデジタル信号なのに、何故一部流された音楽がそんなに自然に聞こえるのでしょう。それは、転換だけではなく、信号強化と論理演算の過程も経って、信号をできるだけ元の姿に戻らせたことからです。これこそが DAC の機能です。つまり、DACの機能に「デジタルとアナログの転換」はともかく、より重要なのは「強化」と「最適化」です。 ここで話題を変えましょう。今イヤホンジャックのない携帯が増えてきたと、読者の皆さんご存知ですか。HTC・小米科技・ファーウェイ・Google 等を含めた携帯会社たちが次第にイヤホンジャックのあるデザインを廃止し、それを充電口と融合させ、Type-Cに変えました。ですので、これから携帯とイヤホンや音響などとの接続には、DACチップのあるアダプタが必要となります。そうすれば、音源に問わず、高音質Hi-Resの音声は確保できます。   Type-C 接続口しか残っていないのなら、イヤホンを使いながら充電することもできなくなるんじゃないかと、筆者と同じ心配を抱える読者さんがきっとたくさんいっらしゃると思います。でもどうかご安心ください!筆者の社長はこの問題を見逃しませんでした。Pengo が DAC を搭載するType-C to 3.5mm Audioアダプタ以外、Type-C to 3.5mm音楽充電2in1アダプタもリリースいたしましたよ。     皆さんは拙文を通して、DAC に対する基本的な認識ができ、そしてどうやって高音質の音楽を簡単に手に入れるのもお分かりになったのでしょう。最後、科学技術の情報に対する興味がある方に、お得なイベント随時開催中ですので、もしよければ、Pengo 台湾の Facebook ページでいいね!とフォローをお願いいたします。 *2018/11/14

USB Power Deliveryとは何?

USB-PD は 2012 に初めて USB-IF ( USB Developer Forum ) に提出された新しい給電規格。USB-PD のメインアイデアは USB ゲーブル一本で様々な設備の充電需要を満足し、同時に充電スピードを高め、双方向充電を実現することです。簡単に言えば、もはや未来の消費者は違うケーブルを別々買う必要はない、携帯・パソコン・テレビ等の充電は一本のケーブルだけで解決できると言います。 USB-PDの原理は何? 両側の装置にチップを搭載し、装置間のコミュニケーションと電力供給を可能にします。 第一の特徴は、多様な電圧と電流規格の設備に対応できます。第二の特徴は、充電の方向もコントロールできます。お使いのモニター・ノート PC・タブレットに USB-PD 機能がついていれば、給電側と受電側両方にもなれます。例えば、お使いのノート PC やタブレットが電池切れかけたら、モニターで電力供給でき、逆にモニターが電力不足の時、ノート PC・タブレットからも充電できます。実に素晴らしいことと思いませんか。 USB-PD の五つの規格   ボルトV&アンペアA 供電量 対応裝置 Profile 1 5V@2A 10 W 携帯・カメラ等 Profile 2 5V@2A、12V@1.5A 10~18 W タブレット、外付メモリ Profile 3 5V@2A、12V@3A 10~36 W Ultrabook、変形タブレット等 Profile 4 5V@2A、12/20V@3A 10~60 W 一般高性能ノート PC、AIOパソコン Profile 5 5V@2A、12/20V@5A 10~100 W スタンダード A/B と Type-Cコネクタ,液晶ディスプレイ、テレビに接続可能 (ボルトV・アンペアA・ワットWをチェックしましょう:網址) USB-PD とケーブルとの関係 今になっても、ケーブルやコネクターで識別できるシンボル等、PD には未だありません。こうすれば、自分のケーブルが PD に対応できるかどうどうかはどうやって確認できますか。以上の五つの規格から見ますと、PD に対応できるケーブルは 5A 電流まで負荷できなければなりません。お持ちのスマホ・パソコンまたはモニターが PD に対応しても、ケーブルの負荷できる充電電流が 1A しかなければ、残念ながら、そのケーブルを使って充電するとすぐ過負荷で壊れるかもしれません。 本稿を通して、USB-PD を少しお分かりになりましたか。充電ケーブルを購入する際に、包装にある規格表示のチェックをお忘れないように。最後、もっと詳しくしたい方に、お得なイベント随時開催中なので、Pengo台湾FaceBookページのフォローをお願い致します。 *2019/01/14

HDMI

VGA、DVI そして今の HDMI まで、ディスプレイコネクタ界はどういう風に変わってきたのか?またHDMI の強みはどにあるのか?その開発はどんな経緯だったのか?これからこれらの問題についてご紹介いたします。 VGA 1987 年 IBM が発表した VGA コネクタは広く知られており、今になっても多数のパソコンモニターにVGA 端子が見られ、ディスプレイコネクタ界の元祖と言っても全然おかしくない。VGA コネクタはよくD-sub とも呼ばれていますが、ピンコンタクトのある D の字に似た形状のコネクタは皆 D-sub と言い 、VGA だけではありません。 DVI や HDMI との最大の違いは、VGA はアナログ信号でデータ伝送を行います(アナログについて、こちらをチェックしましょう)高解像度に対応してないとたくさんの人に思われますが、VGA ケーブルは実際 2560 X 1600P まで対応できますよ!ただし、VGA は極めて他の信号に干渉されやすいので、画面への干渉を控える前提として、1920X1080P 以下の解像度はより安定なレンジとなります。 2010 年の連合会議で大手メーカ達が 2015 年に VGA インターフェースを全面廃止すると決議し、加えてノート PC のデザインが薄くなっていくにつれて、VGA 端子は徐々に消えていきます。しかし、今数多い専門設備はまだ VGA を使って映像出力を行っていますので、VGA の時代は暫く終わらない模様です。 DVI 1999 年、VGA が出現以来の 12 年目を迎え、世間で既に広く普及しました。Intel, HP 及び COMPAQ等の会社達が、VGA をリプレースするために、一緒に DVI を発表しました。 DVI のよく見られる三種類:DVI-A(アナログ)、DVI-D(デジタル)、DVI-I(兼用)、その中、DVI-DとDVI-I はまたシングルリンクとデュアルリンクに分けられます。シングルリンクの場合、DVIは1920×1200@60 Hz に対応でき、普段よく使う1920×1080@60 Hzよりやや高い。ですので、DVIモニターに一番よくあるのは DVI-D Single Link のポート。デュアルリンクの場合なら、DVI は 2560×1600@60 Hz の解像度に対応でき、2K (2560×1440 @ 60 Hz) を小幅に上回りました。 いろいろな強みが有りますが、何故 DVI は市場を制覇しなかったのですか。一つは DVI コネクタが大きすぎて、小サイズのノート PC に適していない、もう一つは各国の関税問題。EU(ヨーロッパ連合)が2004 年から DVI を搭載するディスプレイをテレビに判定し、関税をパソコンディスプレイの 0% からテレビの 14% に切り替えました。台湾が 2006 年から DVI のあるディスプレイはテレビの税法に適用すると判定しましたので、本来の貨物税なしから 13% の貨物税と 10% の関税合わせて 23% の税金(しかも貨物税の対象は六か月前に遡る)を課することにしました。高コストによって、メーカー達は VGA だけに対応する液晶ディスプレイを生産し、DVI インターフェースを高価品でのみ提供します。関税の問題が DVI に制限をかけた同時に、VGA の生存空間を切り開きました。 HDMI 2003 年、TOSHIBA、SONY、Panasonic 等の家電メーカー達が発表した HDMI は元々テレビ、DVD、ブルーレイプレーヤーに向けるデザインでした。小サイズ及び音声と映像の同時伝送を特徴とし、HDMI は 20世紀フォックス・ワーナー・ブラザース・ディズニー等の主流映画メーカーと SAMSUNG を含めた家電製品メーカー、またはケーブルテレビ業者達からの支持を受け、速やかに市場を獲得してきました。 HDMI には様々のバージョンがあり、1.4、2.0 そして 2017 年に発表された 2.1 バージョンは今一番よく見えます。1.4 バージョンは 1080P@120Hz まで対応できます。2.0 バージョンは 4K @50/60Hz、21:9 アスペクト比まで対応できます。2.1 バージョンは更に 4K @120Hzと8K@60Hz まで対応でき、バンド幅も大幅に広くなりました。ここで特に注目したいのは、HDMI が 1.4 バージョンを始め、イーサネットリンクを増設しました。けれど、普通の家庭は暫くこの機能を触れることはないので、これから HDMI の発展をご期待ください。 そして、HDMI のもう一つ DVI より強い点は HDCP です(HDCP についてこちらをチェックしましょう)。HDMI は 2003 年発表されて以来いつも HDCP に支援できます。DVI が HDCP に対応できるようになったのは 2007 年以後の話です。これも数多くの映画メーカーが HDMI を支持する原因の一つですよ。 ここまで、三種類のコネクタについて少しご理解になりましたか。まとめて言えば、HDMI の強みは、音声データの同時伝送・小サイズ・高画質・挿し抜きやすい・HDCP に対応等。新しいコネクタインターフェースがまだ現れない限り、HDMI の時代は揺るぎなく続け、読者の皆さんも HDMI がもたらした便利を享受し続けられるのでしょう。最後、科学技術についてもっと詳しくしたい方に、お得なイベント随時開催中なので、Pengo 台湾 Facebook ページのフォローをお願い致します。 *2019/02/13

PPSとは何 ?

効能が強化とスクリーンの増大につれて、携帯の電力消費も大幅に増加してきました。なので、対策の一環として、急速充電が次第に欠かせないものになってきました。しかし、メーカー達が各自の急速充電技術を開発していく一方、一部互換性のない技術が消費者の迷惑と資源の浪費になってしまいました。 2017 年、USB-IF 協会が急速充電の統一を実現するために、USB-PD 3.0 の準拠に Programmable Power Supply (PPS) を導入しました。同年、クアルコムの QC4.0 を収め、充電器の統一に向けて大きな一歩を踏み出しました。本題に戻って、Programmable Power Supply (PPS) は一体何でしょう。 PPS 準拠のもとで、受電側と給電側が十秒毎のデータ交換を通して、給電側が受電側の状況に応じて電流と電圧出力を動態的に調整することができます。電圧の範囲は 3~21V の間、0.02V 毎に微調整を行います。充電効率を高める以外、受電設備の発熱(注釈1)も抑えられます。PPS に対し、USB-IF 協会が「PPS Voltage Step Test」及び「PPS Current Limit Test」を追加し、充電中電流と電圧毎回の動態調整が全て協会のルールに準ずることを確認できるようにしました。 注釈1:急速充電は二つのモードに分けられています。一つは高電圧小電流、もう一つは低電圧大電流。前者の欠点は、携帯バッテリーの負荷電圧は 4.2V、入力の電圧は 9V であっても、携帯で 4.2V まで降圧されます。また二次降圧による電流の増大も発熱を引き起こし、容易に携帯を過熱させてしまいます。 *2019/01/18